先日、Google Analyticsに大幅機能追加がありました。

元々、Beta版として提供されていたもので、正式名称は、

「Google アナリティクス 4 プロパティ」です。

主な機能としては、以下があるようです。

  • 自動化
  • 予測機能
  • クロス プラットフォーム レポート
  • クロスデバイス レポート
  • 新しいイベントベースの測定モデル

機能を有効にするには、作業が必要なようです。

Introducing the new Google Analytics

Analytics Published Oct 14, 2020 Millions of businesses, large and small, rely on Google Analytics to understand customer preferences and create better experiences for them. With more commerce moving online and businesses under increased pressure to make every marketing dollar count, insights from digital analytics tools are even more critical.

設定変更

前提として、既にanalyticsの設定が終わっているものとします。

①管理 => GA4へのアップグレードを選択

 

②以下の画面で、1つ目の新しいGoogle アナリティクス 4 プロパティを作成する必要があるのようこそをクリック

③ポップアップが出るので、プロパティ作成をクリック

④リンク済みとなったらとりあえずOK

⑤④と同時に、別タブで、設定アシスタントが起動する

⑥設定アシスタントのタグの設定を押下し、データストリームに、既存サイトが追加されていることを確認

⑦サイトを選択して、タグ設定手順をすすめる。(Google Tag Managerでanaltyicsタグを埋め込んでいる場合)

⑦Google Tag Managerで、GA4設定のタグを追加して、すべてのページで発火するようにし公開する

⑧ここまでで、設定が完了で新しく追加したプロパティで新デザインを確認できます。

次回以降に実際のメニューの詳細を見ていきたいとおもいます。

切り替えて見た感想ですが、結構が手間がかかりわからないことだらけ。。。。

 

 

 

この記事をシェアする