はじめに

今回利用するのは、以下のツール。

https://github.com/instabot-py/instabot.py

pythonを実行できる環境及びプログラミング経験を

お持ちでない方は利用することはできません。

※この方法ですが、やりすぎると、いいね等ができなくなります。ご注意を。

前提条件

  • Python 3.6以上がインストールされていること。

セットアップ

以下のコマンドでインストールを行います。

python3 -m pip install instabot-py

初期化を行います。

python3 -m instabot_py

上記コマンドにより、config.iniを作成(カレントディレクトリ作成)していきます。

すべてデフォルトでよければ、そのままenterを押していくと

errors.logと{{username}}.config.iniが作成されます。

 

プログラムの作成

以下から、サンプルのプログラムをダウンロードする。

https://raw.githubusercontent.com/instabot-py/instabot.py/master/example.py

以下の部分を自分の環境にあわせて変更してください。

bot = InstaBot(
login="インスタグラムのアカウント名",
password="アカウントのパスワード",
like_per_day=500,  # 1日にいいねする数
comments_per_day=0 # 1日にコメントする数,
tag_list=["テスト"],# ターゲットとするキーワード
tag_blacklist=["rain", "thunderstorm"], # 除外するタグ
user_blacklist={}, # 除外するユーザ
max_like_for_one_tag=50,# 1つのタグに対するいいねの数
follow_per_day=300, # 1日にフォローする数
follow_time=1 * 60 * 60, # アンフォローするまでの秒数
unfollow_per_day=300,# 1日のアンフォロー数

実行

pytho3 example.py &

ずっと動作しっぱなしになる(& (background実行))ので、落とさないPCもしくはサーバで実行するのがよさそうです。

 

サーバで動かす(おまけ)

anyenvをインストール(pyenvを入れるために)

git clone https://github.com/riywo/anyenv ~/.anyenv

.bashrcに以下を追加して、sourceで実行する

if [ -d $HOME/.anyenv ]
then
    export PATH="$HOME/.anyenv/bin:$PATH"
    eval "$(anyenv init -)"
fi

反映させる

source ~/.bashrc

anyenv-updateプラグインインストール

mkdir -p $(anyenv root)/plugins
git clone https://github.com/znz/anyenv-update.git $(anyenv root)/plugins/anyenv-update

anyenvの初期化を行う

anyenv install --init
Manifest directory doesn't exist: /home/xxxxxx/.config/anyenv/anyenv-install
Do you want to checkout ? [y/N]: y
Cloning https://github.com/anyenv/anyenv-install.git master to /home/xxxxx/.config/anyenv/anyenv-install...
Cloning into '/home/xxxxx/.config/anyenv/anyenv-install'...
remote: Enumerating objects: 44, done.
remote: Counting objects: 100% (44/44), done.
remote: Compressing objects: 100% (39/39), done.
remote: Total 44 (delta 1), reused 43 (delta 1), pack-reused 0
Unpacking objects: 100% (44/44), done.

Completed!

pyenvをインストール

anyenv install pyenv

profileの更新

exec $SHELL -l

3.7.3のinstall

pyenv install 3.7.3

globalなpythonのバージョンを指定する

pyenv global 3.7.3

以下のエラーがでたら、sqliteをインストールして、再度、pyenv install 3.7.3を実施する

Traceback (most recent call last):
  File "/home/xxxxx/.anyenv/envs/pyenv/versions/3.7.3/lib/python3.7/runpy.py", line 183, in _run_module_as_main
    mod_name, mod_spec, code = _get_module_details(mod_name, _Error)
  File "/home/xxxxx/.anyenv/envs/pyenv/versions/3.7.3/lib/python3.7/runpy.py", line 142, in _get_module_details
    return _get_module_details(pkg_main_name, error)
  File "/home/xxxxx/.anyenv/envs/pyenv/versions/3.7.3/lib/python3.7/runpy.py", line 109, in _get_module_details
    __import__(pkg_name)
  File "/home/xxxxx/.anyenv/envs/pyenv/versions/3.7.3/lib/python3.7/site-packages/instabot_py/__init__.py", line 1, in 
    from .instabot import InstaBot
  File "/home/xxxxx/.anyenv/envs/pyenv/versions/3.7.3/lib/python3.7/site-packages/instabot_py/instabot.py", line 17, in 
    import sqlite3
  File "/home/xxxxx/.anyenv/envs/pyenv/versions/3.7.3/lib/python3.7/sqlite3/__init__.py", line 23, in 
    from sqlite3.dbapi2 import *
  File "/home/xxxxx/.anyenv/envs/pyenv/versions/3.7.3/lib/python3.7/sqlite3/dbapi2.py", line 27, in 
    from _sqlite3 import *
ModuleNotFoundError: No module named '_sqlite3'

sqliteをインストールする

sudo yum install sqlite sqlite-devel
pyenv install 3.7.3

以下のエラーが出たら

python -m instabot_py
Failed to load module instaloader. Make sure you have installed correctly all dependencies.
If instaloader keeps failing and you are running this script on a Raspberry, please visit this project's Wiki on GitHub (https://github.com/instabot-py/instabot.py/wiki) for more information.

以下のコマンドでエラー内容を確認する

python -m instaloader
ModuleNotFoundError: No module named '_lzma'

以下で、インストール

sudo yum install xz-devel
pyenv install 3.7.3

次のエラーが出た場合は

ModuleNotFoundError: No module named '_curses'
sudo yum install ncurses-devel
pyenv install 3.7.3

あとは、一番最初からの手順を実施する。

アカウントのバンや、いいねができなくなるリスクもあるので自己責任でお願いします。

この記事をシェアする