はじめに

不動産テックという言葉をご存知でしょうか?
金融とテクノロジーを組み合わせた「フィンテック」という言葉の方が
メジャーですが、不動産業界においてもその波がきており
不動産×テクノロジー(IT)=不動産テックと呼び、不動産取引や業務に関連する
サービスが続々と誕生しています。
不動産テック以外にも、PropTechと呼ばれたりしています。
リアル×ITの波は、不動産分野だけでなく、教育分野(EdTech)、
医療分野(HealthTech)など多方面に広がってきています。
こちらではどのような不動産テックがあるのかを紹介していきたいと思います。

不動産テックの種類

不動産テックと一括りにされていますが、そのジャンルは多岐に渡ります。
以下のようなジャンルがあります。(引用: 不動産テック カオスマップ)

  • 価格可視化・査定
  • 不動産情報
  • 物件情報・メディア
  • 仲介業務支援
  • 管理業務支援
  • ローン・保証
  • スペースシェアリング
  • マッチング
  • クラウドファンディング
  • VR・AR
  • IoT
  • リフォーム・リノベーション

元々あった業務をITを利用してより便利で早くできるようにするものや
今までにない技術や発想を不動産業界に持ち込むものなど様々です。
次項以降で具体的に事例をあげ、どのようなサービスが展開されているかを
見ていきたいと思います。

日本の不動産テック

□価格可視化・査定

“価格査定 不動産 AI”で検索して一番に出てくるのがHowMaです。

HowMa(株式会社コラビット collabit inc.)

私自身も一度機械学習を利用して不動産のなんちゃって価格査定を作ったことがあります。
機械学習の元データを収集するのも大変ですし、そのデータを加工して整理するのも大変です。
また、影響を与えるパラメータ(路線、駅からの距離、築年数、回数、管理会社等)が多いので
実際に誤差がほとんどでないようなものを作るのは大変かと思います。

HouMa [ハウマ]自宅をネットで自動査定 全国不動産相場

https://www.how-ma.com/

この記事をシェアする